負担する部分|相談したい内容を整理|現状回復は専門業者がおすすめ
作業者

相談したい内容を整理|現状回復は専門業者がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

負担する部分

男女

賃貸契約を終え、いざ退去する時そのままの状態で引き渡すわけにはいきません。また、現状復帰費用は借りた人は支払う義務があります。とは言え、入居前に敷金を支払っている場合はそこから引かれるので負担が少なくなる可能性はあります。逆に、敷金ゼロで入居した場合現状復帰に多大なるお金を要することになるでしょう。この費用も、お互いが納得しているとスムーズに事が進みますが納得できなければ裁判に発展するケースも考えられます。また現状復帰にどの程度費用がかかってくるのかは貸す側と借りた側で考え方が異なるため話し合いが進まない可能性も否めないのです。

通常の住まいで発生する傷や汚れ、破損は家具を置いた跡や電気ヤケによる黒ずみ、フローリングの色落ちやエアコン設置でついた傷やカビがあります。これは、賃貸を貸した者が負担をしますが、建物の構造で発生したものに関しては、入居者へ負担をしてもらいます。例としては、故意に汚したり喫煙などで汚れた壁などになります。現在は、現状復帰に伴うトラブルを避けるために、決まりが設けられていますがそれでも円満解決が難しくなることがあります。そのため、どうすればいいのかと頭を悩ませる人も少なくありません。原状復帰に詳しい専門業者では、同じような悩みを日常茶飯事のように聞いていますから、相談をし、トラブルを未然に防ぐ方法を模索していきましょう。過去の事例をもとに、最適な方法を提案してくれますし、口コミでも相談してよかったという声が今でも届いています。